歳と共に細くなる目|目の下のたるみは改善できる|手遅れになる前に

目の下のたるみは改善できる|手遅れになる前に

歳と共に細くなる目

鏡を見るレディ

まぶたが垂れ下がったり、開けづらくなったりする症状を「眼瞼下垂」と言います。主な原因は、まぶたを上げる筋肉「眼瞼挙筋」や神経「動眼神経」の異常です。遺伝により先天的に眼瞼挙筋が発育不全になり発症することもありますが、たいていの場合は加齢による眼瞼挙筋の筋力低下が原因です。歳を取って目が細くなったり、物を見るのにアゴを上げたり顔をしかめたりするのも眼瞼下垂のせいで起こるものなのです。疲労によっても起こることがあり「目が腫れぼったい」と言われるのもこの症状のせいです。他には、脳梗塞や脳動脈瘤などにより神経を圧迫された際にも起こる可能性があるので、突然症状が出た場合にはこれらの原因を疑った方が良いかもしれません。

歳のせいだからといって、眼瞼下垂を放置する人も多いかもしれません。物が見辛くなったり、そのせいで姿勢を悪くして異常をきたすこともあります。また表情を悪くして老いの印象を強めてしまいます。こういった理由で眼瞼下垂を何とかしたいと思った場合は、治療によって症状を解消することが出来ます。まぶたを持ち上げる腱や筋肉のつながる場所をずらして縫い付けたり、まぶたを眉を動かす筋肉に糸でつないでまぶたの動きでまぶたを持ち上げるといった治療が行われます。いまはアンチエイジングの一環として美容外科に行き治療を受ける人も増えています。美容外科での治療は、時間がすごく掛かるというものでもないので、カウンセリングをしながら気持ちを楽にして受けることが可能です。